給食・食育

給食・食育

「お楽しみ巾着」の中身は・・・

今日の給食に「お楽しみ巾着」が出ました。

給食室で一つ一つ手作りしました。油揚げの中に手作業で具を詰めます。

加熱する様子。1つの容器にたくさん並べます。シートを敷いて重ねて、全校分を一気に加熱します。

熱々の巾着を食缶へ詰めます。

できあがり。「あたり」にはうずらが2つ入っています。

開けてみたら・・・。「あたり」と喜ぶ声が聞こえます。

クリスマスゼリーができるまで

クリスマスゼリーは手作りでした。

1層目は牛乳寒天でした。

2層目のオレンジゼリーの上にいちごとシャインマスカットを乗せて、レモンゼリーを入れます。

レモンからも果汁を絞り出してつくったレモンゼリーです。

冷やして完成。シャインマスカットは予定になかったのですが、特別に購入できたので今回使用しました。

今日のハンバーグは埼玉県産の和牛肉でした

今日の給食はクリスマス献立で、和牛ハンバーグが出ました。

この和牛は、埼玉県が県産の高級牛肉の消費が落ち込んだことを受けて、給食に使用するのを補助する事業を活用したものです。子どもたちも美味しい県産和牛肉を味わって、喜んでいました。

埼玉県HP「学校給食で県産和牛肉の提供が始まります!」

http://www.pref.saitama.lg.jp/a0001/news/page/2020/0901-08.html

大学いもは中富のさつまいでつくりました

 今日の大学いもは、中富のさつまいもを使ってつくりました。

 きれいに切った後に一口サイズに。

まず、蒸し器に入れて蒸します。

 揚げるときは二度揚げで、サクサクに。

 味を絡めて食缶へ。とてもおいしい大学いもができました。

手作りさといもコロッケ

 今日は、中富で収穫された里芋を使った「手作りさといもコロッケ」でした。

 里芋を成型した後、パン粉をつけてあげます。

揚げ物担当の人は安全のため、ゴーグルをかけて作業をします。

おいしそうに揚がりました。きれいに食缶に並べて子どもたちのところへ。

 

小川さんの小松菜メンチカツ

 「今日の給食」のコーナーでも紹介したように、今日の小松菜メンチカツは、本校PTA会長の小川さんが育てた小松菜を入れたメンチカツです。

 納入業者から冷凍で届いた小松菜メンチカツを給食室で揚げました。

メンチカツの中に刻まれた小松菜が入っています。

メンチカツが手作りでなかった分、そぼろずしとのっぺいじる、キャベツのごまみそあえが、野菜たっぷりで、おいしい給食でした。

 

里芋のクリームスパゲティができるまで

今日の里芋は中富の里芋です。この里芋を使ったクリームスパゲティの作り方をお伝えします。

材料を切り、ほこりが入らないようにラップをしておきます。

  

 ベーコンを炒めると脂が出るので、その脂を使って野菜を炒めます。

 

 メインの里芋を加えます。

 

 手前ではソースが完了。奥ではスパゲティを茹でています。
ソースと絡めるタイミングを考えながら、連携して調理が進んでいきます。

 

 ソースとスパゲティを合わせ、よくかき混ぜます。

「里芋のクリームスパゲティ」完成です!

今日は「ごま油香る豆苗ポテチャーハン」でした

 今日の給食は「ごま油香る豆苗ポテチャーハン」でした。これは、所沢サクラタウン角川武蔵野ミュージアムのオープン記念特別給食献立です。所沢市全体で今月中に、この献立が出されます。

豆苗ツナサラダとスープの中のうずらをチャーハンの上にのせて食べました。

ピンク色のポテトチップスをくだいてふりかけましたが、このポテトチップスは所沢産です。

  特別給食に関して、詳しくは、給食だより11月号の裏面をご覧ください。

 PDFデータはこちらから→ 11月給食だより・豆苗ポテチャーハン.pdf 

手作り音符ケーキができるまで

 今日は、音楽会直前恒例の「音符ケーキ」が給食に出ました。出来上がるまでを紹介します。

 手作りなので、まず生地づくりから。ハンドミキサーで丁寧に、時間をかけます。

ココア味にして、型に入れます。

オーブンに入れて焼きます。

ふっくらとできあがりました。

音符マークの型を使って粉糖をふるいます。

音符マーク入りのケーキができあがりました。

 

2年生から給食調理員さんへ

 先日、2年生が給食について学習しました。教員と栄養士が中富小学校の給食のことを2年生にもわかるように伝えました。その学習を受けてまとめたことを、感謝の言葉とともに、調理員さんに渡しました。

 今日の給食は、みんな大好き「きなこあげパン」でした。いつも以上においしく食べたことと思います。