学校の沿革

中富小学校の沿革

明治6年 (1873)富応学校となる(2教室)

明治25年(1892)中富公民館の所に移り、中富小学校となる

大正2年(1913)富岡尋常小学校第2分教所となる

大正5年(1916)富岡高等小学校第2分教所となる

昭和6年(1931)富岡国民学校第2分教所となる

昭和22年(1947)所沢町立富岡小学校第2分教所となる

昭和31年(1956)独立して所沢市立中富小学校となる(4月15日から)開校記念日の起源校旗が出来る

昭和34年(1959)校歌が出来る

昭和39年(1964)学校給食が始まる

昭和47年(1972)現在の校舎(東半分)が出来る

昭和49年(1974)プールが出来る

昭和50年(1975)体育館が出来る

昭和51年(1976)校舎増築(西半分)ができる

昭和59年(1984)屋上階段が出来る

平成4年(1992)正門と赤レンガ道が出来る 

平成7年(1995)創立120周年記念式典挙行 

平成9年(1997)特別校舎増築のためプールの取り壊し 

平成11年(1999)特別校舎が出来る 

平成12年(2000)スプリンクラー5基設置 

平成13年(2001)田中家より「穀倉」移築 

平成16年(2004)給食室新築工事開始 

平成17年(2005)新給食室出来る

 

平成24年(2012)体育館耐震工事完了

令和元年(2019)空調設備整備事業完了